当院のご紹介

イメージ
みさと健和団地診療所は1990年に開設し、みさと健和病院や近隣の医療機関・介護事業所と連携しながら、外来診療・健診・予防接種・在宅医療・医療介護相談に主体的に取り組んできました。
2013年5月、隣接地に医療・介護の複合施設として新みさと共同会館を設立し、同9月に移転・新規開設しました。
新しい診療所で今までの歴史を引き継ぎながら今後も地域医療を守る拠点としての役割を果たしていきます。

新みさと共同会館について

建物外観

みさと健和団地診療所は共同会館の1階にあり、同じフロアーに居宅介護支援事業所が属しています。

診察の際に、介護・福祉に関することでお困りの際は、お気軽にご相談下さい。

また2階には、「新みさと訪問看護ステーション」・「まいほ一む新みさと」・「のどか新みさと」があり安心して住み続けられるようサポートしています。

診療所の理念

健和会の医療介護福祉ネットワークは、地域の方々とともに理想に挑戦する活動の歴史から生まれました。

主人公である患者さんや住民との共同作業で、差別のない人権を尊重した良質な医療を遂行し、住民本位のネットワークづくりと安心して住み続けられるまちづくりをめざします。

みさと健和団地診療所憲章
(私たちの目指すもの)

一、私たちは、地域の医療機関として良好なチームワーク医療を目指し、医療・看護技術や医療事務の質の向上に努力します。

一、私たちは、地域に向き合う診療所として、患者さんと良好なコミュニケーションを大切にし、患者さんが理解できる分かりやすい言葉で説明し、十分納得を得た上で診療をしていきたいと思います。
患者さんの病気を知る権利や病状と治療法を理解した上での選択を大切にしたいと思います。

一、私たちは自分の仕事に誇りを持ち、地域の人々や患者さんから学ぶ姿勢を失わない医療人を目指します。
社会状況や保障についても学ぶ姿勢を持ちたいと思います。

一、私たちは、患者さんの人権を尊重し、患者さんのプライバシーの保護に配慮します。

一、私たちは、友の会はじめ地域の人々や地域の医療・福祉・保健機関と協力し、地域の人々が安心して暮らせる街づくりの一翼を担います。

一、私たちは、地域で生きる患者さんの生活背景を理解し、患者さんの自立とよりとい療養生活をするため、患者さんの生活を支援できる医療人でありたいと思います。

一、私たちは、「笑顔」と「温かい言葉」と「優しさ」をモットーにしたいと思います。

二〇〇三年 九月

このページのトップへ